国沢光宏の日々是修行

ジドウシャヒョウロンカの毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月30日(市ヶ谷から撃つのかい!)

PAC3の発射装置が市ヶ谷の防衛省敷地内にセットされている映像を見て「冗談じゃね~ぞ!」と思った。というのもPAC3の射程、昨年パシフィコ横浜の展示会で聞いたら、15kmプラスマイナス5kmくらいとのこと。高度は15000m。皆さんイメージしているより、ずっと短く低い。

おそらく皇居の防衛だと思うのだけれど、市ヶ谷から撃たれたら、ミサイルが落ちてくる角度にもよるけれど(巡航ミサイルじゃないため急角度で落ちてくる)、四谷から水道橋あたりに大量の破片が落下する可能性も。最もアブナイの、市ヶ谷から皇居にかけて。近隣住民に情報を与えているのだろうか?

昼から知人の御母堂のお葬式。純粋なキリスト教のお葬式は初めてだったのだけれど、牧師さんが故人の人柄などを紹介してくれます。神道でも仏教でもお葬式は単なる儀式。故人を偲ぶという点で身近な気持ちになる。85歳ということで天寿を全うされたのではなかろうか。

帰宅して原稿書き。

-----------------------

<アミーゴ5号>
「新型プリウスはダンピングで悪者だ!ハイブリッドの安売合戦は、御免こうむる!」大好きなホンダが、こんな意識でいるなんて・・・。これ「ホンダ自身による敗北宣言」そのものですよ。

そもそもハイブリッドの安売りは、ホンダがトヨタに吹っかけたケンカです。トヨタからすれば、ホンダから売られたケンカを正々堂々買ったまで、ですよ!

ホンダ福井社長の「ハイブリッドは20万円高で実現する」という宣言に対し、ホンダの凄さを思い知っているトヨタ社員が強く反応し、ホンダ社員以上に危機感を持って実現したという事です。

大不況の中、我々消費者にとって最も重要なのは、トヨタが自己責任において社運をかけた経営判断を行ない、高等高価なハイブリッド技術を格安で庶民に提供してくれるという事実です。

「中・大型車はディーゼル、コンパクトカーはハイブリッド」というホンダの戦略と「ハイブリッド・フルラインナップ」を目指し10年以上経営資源を集中してきたトヨタの戦略、この差が、最も重要な局面で価格となって現れたのだと思います。

冒頭のコメント内容から察するに、残念ながらホンダといえども、相手を悪者にして自分の業績を正当化する「成果主義の影」が蔓延している様です。しかもかなりの重症・・・。一瞬GMかクライスラーのコメントと思ったほどですから・・・。

ホンダには、目の前の事実をしっかり受け止めてほしい。それにグリーンマシーン戦略は、まだ始まったばかり。成すべき事だって山積みです。ホンダは、トヨタがまだ持っていないカードを一刻も早く切って、量産するべき。149万のフィットハイブリッドこそ、ホンダの最高の切り札です!

インサイト20万台の量産実績が無いと、ハイブリットユニットを安くできないかもしれません。フィットハイブリッドは確実に売れる反面、ガソリンフィットが売れなくなり、ハイブリッド比率が上がるだけで販売総数は変わらないかもしれません。

インサイトも値下げを余儀なくされるでしょう。リスクはでかい。でもこのままでは、インサイト20万台の量産も厳しい。ハイブリッドの安価化のためにも、可及的速やかにフィットハイブリッドを売り出して、量産効果で価格競争力を強化するしかない!!

でもどうせやるなら、トヨタ対ホンダなんてケチな目線ではなく、あの日本中が感動したWBC野球の侍ジャパンにあやかりたい。インサイトとフィットハイブリッドそしてプリウスの「三匹の侍」が相乗効果で盛り上げあって、世界中を日の丸ハイブリッドだらけにしたいですね!!!!!
スポンサーサイト

3月29日(ブロウンGPにたまげる!)

ムスメと一緒に深川を流れる大横川の桜を見に行くべくマリーナへ。ちょうど本日、乗りたかった日産の新型双胴艇『サンキャット26』の試乗会をやってます。立ち寄ってみたら「どうぞどうぞ」。コンディション良かったので売りである最高速を試してみました。なるほど速い!

3291.jpg
試乗レポートは数日以内にボートネットで

GPSが付いていなかったので正確には解らないものの、全開だと37~38ノット出るそうな。興味ある方はボートネットに全開で走っている時の動画をアップしてあるので御覧下さいまし。いろんな意味で普通の形状のフネと違う走りを見せてくれます。

マリーナに一旦戻って自分のフネ出し大横川へ向かう。ちょうど今週前半はお昼が干潮。隅田川から橋をくぐって大横川に入ると、ややややや! 2分咲き。まだまだである。しかも寒い。やはり桜は春を感じさせる暖かさがないと気分盛り上がりませんな。

3292.jpg
今シーズンは満開の大横川が見られず?

見頃は次の週末という感じ。もしかすると再来週まで持つか? 気温も4月1日あたりを境に上がるそうな。ただ干潮時が夕方から夜になってしまう。マリーナからF1開幕戦の音声だけ聴きながら帰る。それにしてもブロウンGP凄い! 初出場の予選も本選もワン・ツー!

3月28日(バーレーンに勝って良かった!)

赤坂の日枝神社でムスメの結婚式。桜が満開のハズだったけれど、未だ3分咲きといった感じ。風こそ無かったものの、境内での記念撮影は寒いの何の! 3月末で連日こんな気温なの、記憶に無い。いろんな意味でムスメの結婚式になど出ない方がいいとシミジミ思った。

帰宅し、先日の飛行機事故の原因が不思議だったため気象状況とかも調べてみました。基本的には進行方向左ナナメ前からの強い風を受けながらの進入だったと思う。風の強さや向きが落ち着かない場合、やや高めの速度で降りてくる。おそらくタッチダウン寸前、向かい風が強まるなど対気速度増したのだろう。

映像見ると着地した次の瞬間、浮いてます。ここで揚力を減らす操作を行い、同時に風が弱まり対気速度落ちればアタマから突っ込む。しかもMD11という機体、上下方向のコントロール性に問題を抱えていると言われている。限界特性悪いクルマみたいなもの。この時点で前輪にダメージを受けたと思う。

疑問なの、その次の横転です。右からの突風を受けたんじゃないなら、操作系だけで左主翼折れるほど強烈な横転モードに入ったということである。考えられるとすれば、主翼のエルロン(左右翼で逆に稼働する補助翼)をフルに操作し、右エンジン全開にしたのかと。こら凄く過激な操作であります。

大型バスでフェイント掛けドリフトに持ち込み、全開するようなもの。いずれ事故調査委によるカンペキな検証が行われると思う。発表されたらレポートさせて頂きます。夜はサッカーの応援。バーレーンに勝ち、大きなハードルを越えられた。この調子で頑張って欲しいっす!

3月27日(桜は3分咲き)

メタボ傾向を何とかすべくジム通いしてるのだけれど、出来れば楽しく運動したい。そんなある日「ボート漕ぎがいいぞ!」というハナシを聞いた。なるほど全身運動です。ということで石神井公園まで自転車漕ぎ。公園のボートを30分真剣に漕ぐ。するとどうよ! すっごく疲れるじゃないの!

327.jpg
来週は見頃。でも桜の時期なのに寒い!

あっと言うまに汗だく。こら効く! ところが、であります。ヲジサン一人でひぃひぃボート漕いでる図、あんましカッコ良くなさそう。というか客観的に見たらイタいワな。一応ジャージ姿で来ましたけど。確かに運動量としちゃ文句なし。筋肉つきそう。でも次は少し考えます。

帰り道、石神井公園と三宝寺池を繋ぐ幅2mほどの水路に並んでいる先輩方のグループがナニをやってるのか覗いてみました。通る度に気になっていた次第。予想通りクチボソ釣りであります。1mほどの竿に、極小の仕掛け。大昔のタナゴ釣りみたいな風情。

雨さえ降らなければ毎日4~5人来ている(今日は7人くらいいました)。お弁当まで持ってきてたりして。何より楽しそうだ。ちなみに私が初めてやった釣りは、正しくこの水路での鮒釣りでした。私も75歳まで生きていたら、電動カーでここに来てクチボソ釣りの日々を送ろうと思う。

3月26日(マツダのi-stop)

早起きして横浜は新子安のマツダへ。第3京浜で行ったら首都高に入るや停止している時間が長いという大渋滞に出くわす。気のせいかここ1週間くらい道路混んでる感じ。年度末だからだろうか。マツダではCT/av誌の取材で次期型アクセラのアイドルストップを試す。

3263.jpg
乗り心地は現行モデルより悪化。国産のショックアブソーバーになった?

試乗インプレはCTとavの次号で。東京都内なら間違いなく実用燃費が15%程度向上するだろうな、と思った。この技術を武器に勝負するのも面白いかと。ただ魅力的な車種に搭載しないと厳しい。経営陣が居心地の良い広島から出られるかどうかが勝負の決め手です。

3261.jpg
バッテリーが2個付く

午後はムコ殿と御両親と都内観光。まず築地の場外市場。久しぶりに行ったのだけれど、予想外の大賑わい。「ライトミールがいい」というので、欧米人に好評の牛丼など食べさせてみた。やはり美味しいとのこと。日本の食文化のレベルは世界一だと思う。

IMGP0445.jpg
小腹減った時にちょうどいいサイズです

続いてフネで東京の運河巡り。これも外国人に好評。桜にはちと早かったのが残念! あと数日後なら美しい大岡川の桜も楽しめたのに。隅田堤も1分咲きという感じ。金曜日と土曜日の天気良ければ、見頃は明後日の日曜日から4月最初の週末になると思う。

3262.jpg
色のチョイスもイマイチ

今週末はマリーナで日産の新型艇『サンキャット26』の試乗会が行われる。すでにフネを置いてありました。日産のフネ、デザインの良さが高く評価されているのに、個人的には「う~ん」と思う。いろんな意味で中途半端なのだ。ただ走りは素晴らしいそうな。日曜日に味見出来るか?

3月25日(天気悪いぞ!)

借りている広報車の返却が今日のため朝イチで洗車。ビッカビカにして家を出たら雨でやんの! がっくし! 途中、桜を見ていくと、どこも1~2分咲きといった感じ。石神井川の桜なんか4分咲きであります。これだけ寒いと花見気分も盛り上がらず。いずれにしろ天気悪くて腹立つ。

ここ2ヶ月くらい、東京の天気は不順だ。暑いくらいの2月が終わるや、3月に入って雨や強風ばかり。そして彼岸過ぎたら真冬に逆戻りしたような気温。アウトドアでの遊びが好きな人に取っちゃ最悪でしょう。早く春らしい天気になることを強く望む。

今年のフネから見る桜は土曜日あたりからスタートか? 昨年、一緒に行った人の写真を見せたら黄昏野郎が会社に電話。過剰反応したケースあったので、今年は花見の写真なしとします。悪いことやってるワケじゃないけれど、ヒマを持て余してる黄昏に遊びの道具与えるのもアホらしいですから。

逆に電話して問題になれば、その時は楽しいかもしれないけど、次から全く情報出さなくなる。しかも私ら、毎年同じことやって楽しんでるんだから効果ゼロ。まぁ頑張ってくれたまえ。夜は上井草駅前の韓国料理屋さん。WBCで勝ったので、そんな気分です。

日本の韓国料理屋さんは全般的に高過ぎると思う。3人でお酒頼まず6千円ですから。特に上井草のように地元の人相手の店だと厳しいらしく、今宵もお客さんゼロ。最近客の入りが良くないらしい。美味しいですけどね。近所に出来たインド人のカレー屋さんは晩ご飯のセットで千円/人程度。

いろんな意味で変化が要求される時代になりました。

  

3月24日(文化は人間のエンジンだ)

私を含め、日本人って野球好きなのね! とシミジミ思う。特に40歳代中頃までの人だと、やっぱサッカーより野球。子供の頃の遊びと言えば路地のキャッチボールでしょう。3人居れば、投げて打ってキャチャーやっての1セット出来ましたから(3アウト交代で9回までやる)。

小学校の校庭とかじゃバットは振れないから軟式テニス用のラケットや、グー握ってバット代わりというのもありました。ムカシは軟球よりソフトな野球ボール模様のゴムボールもあり(今もあるのかもしれません)、これが曲がるの何の! 変化球の上手いヤツだと球速なくても全く打てない。

そうそう。アメリカのSCCAのレースに出てた時は、予選終わったウイロースプリングスのパドックでも暗くなるまで野球やったなぁ~。んなことを思い出しちゃいました。プロ野球なんかほとんど見ないのに。いずれにしろ今回の殊勲は原監督だと思う。ハリウッド映画のようなストーリーだったし。

それにしても文化は偉大だ! 極端なハナシ、高価なモノが買えなくても、お腹が一杯になれて素晴らしい文化さえあれば、人間楽しくやっていけるんだなと、とシミジミ感じました。予算不足で文化事業が続々カットされているけれど、そいつは正しい選択なのか?

考えてみれば共通の趣味(身体を動かす動かさないと問わない)を持つ人とは、いろんな意味で分かり合える。頑張っている人ほど共感も出来ます。けれど無趣味の人って面白くない。趣味を持っていても気合い入ってないと、やっぱり物足りない。皆さんもっと遊びましょう!

-----------------------

<最後のアミーゴ>
自分も運転で飯を食ってますが、最近感じる事は『身の程知らずの奴が増えたな』『ロクに予測出来ない奴が増えたな』と言う事ですね。端から見て明らかに未熟な奴が、結構なスピードで飛んで行く……。この先カーブ、坂の頂点等で見通しが効かないのに平気で追い越しする……等々。

果たして自分の運転に責任を持っているのでしょうか?自分は配送の仕事やプライベートで年間16万km前後走りますが、大半は追い越される側ですね。決してスピードを出すのが嫌いな訳ではありませんが、夏のサーキット走行会や冬の氷上走行会等、限られた場所で自分の技量に合わせて楽しんでいます。まだまだ成長段階ですが、自分の運転経験には誇りを持ってますよ!

3月23日(桜が咲き始めましたね)

起きてTV付けたら成田空港でMD11が横転事故を起こしている。映像を見ていると、何回か風の変化を受け上下方向のコントロールに失敗した後、最終的には右からの突風でひっくり返った感じ。昨日、同じ時間帯に成田空港へ行っていただけに驚いた。

横風の中、凄い角度のクラブ(ドリフトしながら降りてくる)状態で着陸を強行。最終的にアオられて断念したルフトハンザの映像があるけれど、墜落しても全くおかしくない状況でした。あれで風向きが安定してなかったら、こらもう厳しい。旅客機なら大事を取って着陸をやりなおしたかも。


有名な動画です

9時からWBC。イキナリ先頭打者のホームランにゃ驚かされた。そういや前回のWBCのアメリカ戦、先頭打者のイチローがホームライン打ったんだった。いずれにしろ勝てて何より! こうなりゃ明日の韓国戦もいてこましたるしかないっしょ! 心おきなく野球を楽しんで欲しい。

昼から都内の神社で今週末の結婚式の打ち合わせ。そのまま日本に来るのは初めてという(お母さんはヨーロッパから出るのが初めてとのこと)ムコ殿の御両親を案内して短い都内観光。いろんなトコロで桜が1分咲きといった感じ。週末は満開になりそう。

3月22日(悪天候の海へ!)

朝イチのエールフランスで日本に来るムスメと亭主家族を迎えに行く。天気崩れるの、夕方からと思いきや、すでに朝から南風強く、いつ雨降り出してもおかしくない。若干早着したこともあり、8時前に成田を出発。とりあえずマリーナに寄ってシャワー浴びて計画を練る。

大江戸博物館に行くことになったらしい。すでに都内は東京マラソンの交通規制が敷かれ始めており、両国近辺も通行止め区間出てきた。とりあえず両国まで送っていき、私はマリーナに戻る。ちょうどトヨタとキーサイドが試乗会を行っており「時間あったらどうぞ」とのこと。

3221.jpg
操縦席は屋根の上とキャビン内の2カ所

そんなこんなで、いつ出航停止になってもおかしくない中、念願だった「大荒れのCABO」を味見することになりました。詳細はボートネットのレポートでどうぞ。戻ってトヨタのポーナム45に乗ろうとしたら、もはや風速20m越え。波高1m越えのため出航停止になってる。あらあら。


ポーナム45の室内。音声あります

ちなみにポーナム45も朝イチ(風速17m。波高0,7m)に1回出航している。けっこう揺れたそうだけれど、45フィートクラスのフネであれば心配するような海況じゃなかろう。ちなみに私の小フネだと出る気にもならず。ムスメから電話有り、阿佐ヶ谷駅でピックアップ。ホテルへ。


-----------------------

<岐阜のアミーゴ>
運転マナーの低下、確かに感じます! 3車線以上の一番中央線寄りを制限速度以下で走り続ける、ウインカーなしで車線変更も当たり前、動きが怪しいと思ったら携帯イジリながらの運転……。

来週からの1000円乗り放題も暫くは様子見です。いくらSAやPAのトイレを増やしても、今まで殆ど高速を使わなかった人が、一気に利用するということは……!?

国沢さんがいつも言われているように、ミリ波レーダーを早く普及させないと悲惨な事故は更に増えるでしょうね?

3月21日(久々にバイクで遠出)

天気良かったので栃木県方面で取材はバイクで行くことにしました。ところが、であります! 割と着込んだつもりだったものの、予想外に寒い! 高速道路を100kmくらい走ったあたりで、指先や足の関節とか動かなくなり始めちゃいました。こらアカン、と休憩はさんで目的地まで。

IMGP0395.jpg
何だか久々のツーリング気分

それにしてもTOPで書いた通りへったクソやマナーの悪い輩が増えた。一度なんか2車線の道でクルマと並走してたら、イキナリこっちの車線に進路変更してきやがった。ド突いてやろうかと思いましたね。かと思えば、赤土山盛り状態で土を落としながら走ってるダンプも。

気晴らしに途中のワインディングロードで気合い入れ、その具合を動画で撮ろうと画策。撮ってみたら、なかなか迫力有ります。されど冷静になって考えてみたらモロに速度バレちゃう。こんなトロい走り(笑)、見られたら恥ずかしいっしょ! 今度サーキット走ったらアップします。

帰りは大渋滞。バイクならいいでしょ、と思う人も多いようだけれど、高速道路の路肩を走ったら一発でキップ切られちゃう。やむなく「車線を小刻みに進路変更しながら走る」という解釈の路肩より危険性の大きい走りをしなくちゃならぬ。バイクくらい路肩走らせていいと思うんだけど。

まぁ多少は(これ、多いの? 少ないの?)はクルマより早く帰れました。途中、石神井公園を通ったら、う~ん! 桜が咲いてるぢゃないの! こら次の週末あたりに満開でしょ。4月最初の土日は葉桜になりそう。3月25日あたりから連日花見のフネ出すか?

トシ取って余命短くなると、じみじみ桜が愛おしくなります。
 

3月20日(ヨットが強風で……)

今日は10時からWBC。勝ち負け微妙である。調子悪いアメリカながら、調子悪いイチローみたいなもので、目覚めたらベネズエラよりずっと手強そう。韓国も勝ちにこようとしていないように見えますな。まぁ、お互い負けるより勝っとこうか、みたいな勝負でありました。

WBC終わるあたりから天気良くなってきたので、花見シーズンに備えフネのメンテに行く。しかぁし! 到着したら、猛烈な北風が吹き始めた。予想してましたけど。自分の桟橋に行くと、反対側の桟橋で30フィートくらいのヨットが風にあおられてノタうちまわっているじゃないの!

本来なら北側の桟橋が自分の場所なのに、南に流されニッチもサッチもいかず、他のヨットにどがんどがん次々ブツかってるのだ。1人しか乗っていないので、どうしようもない。急いでボートフック持って走る! 船首を押して他のフネと離すのだけれど、操船焦ってまた他のフネにガツん!

何とか南側の桟橋から引き離す。急いで北側に走って、今度は着岸のサポート。ボートフック(ボート池のおじさんが持っているような棒)買ってあってよかった。さんざん走ったら汗だく。それにしてもあれだけ他のフネにガチガチ当てたら、後でどうするんだろ? 自分のフネだったらイヤだ。

強力なエンジン付きのフネでも、今日みたいな強い風の日は出たくない。桟橋でワックス掛け。懸案だったフロントガラスのコーティングをやってみる。果たして効果あるか? クルマでもバイクでもフネでも、いじっているとあっと言う間に暗くなります。

3月19日(WBCで仕事中断)

天気良かったらフネのメンテに行こうと思っていたけど、嬉しいことに仕事が終わらず。昼までに何とかしようと頑張るも、WBC始まってしまい中断。今日の昼は全国的に仕事になっとらんだろうなぁ。勝負には流れや雰囲気みたいなモンがあるので、敵失で2点入った瞬間、妙に安心す。

それにしてもイチローを見てると、映画のような展開でありました。主役がヘタレになる寸前(というかバントアウトになった時は逃げ出したかったと思う)、立ち直るというトップガンのようなストリーなんだもの。ただ現実は映画と違う。もちろん好調の波に乗れればいいですけど……。

それにしても世界トップの能力持つ人間の心の葛藤を、リアルタイムで、誰の解説も無しで実感することが出来るのだからスポーツって面白い。「変える」「続ける」の判断の難しさをつくづく感じました。ちなみに今回私は「変えない」派でした。皆さんいかがでした? このイキオイで韓国に連勝だ!

夕方から都内で打ち合わせ。F650GDのエンジン掛かるか不安だったものの、見事セル1発。すでに6年目のバッテリーなのに。考えてみれば延命装置『のび~太』を使うようになってから、1個もバッテリー買ってない。バスケスさんとも疎遠になっちゃいました。タイしたもんです。

そろそろバイクが気持ち良い季節になってきた。ジジイは体調管理と気合い維持のためにもバイクがいいかもしれません。ただ最近、出先でバイクを止めておく場所が無い。ムカシはどこにだって止められたんだけどなぁ。バイクに乗る度、駐車場問題で腹立ちます。

-----------------------

<アミーゴ5号>
新型プリウスの大攻勢は、ホンダの望むところだと思います。F1やNSXまで止めて、グリーンマシーンに経営資源を傾注するのですから、ホンダの精鋭生半可な競争では面白くないでしょう。もっとも、プリウスに負けるな!などと志の低いことを言っていては、あの世の本田宗一郎さんにしかられてしまいますね。

ホンダの凄いところは、雑草からメタノールを安価に精製するバイオ技術から太陽電池、燃料電池車まで開発している事。宗一郎さんならきっと「今やCO2は地球の毒だ! クルマが走ると毒のCO2が増えるなんてことは止めて当たり前だ!!バカヤロー」と叫んでいると思います。藤沢さんも「明日の糧です。けちけちしないでドカンと投資して、安く作れるようにしなさい。」と言うと思います。

ホンダの底力は、志の高さに比例します!!!!!

-----------------------

バカヤローがツボにハマりました。

3月18日(明日もWBCだ!)

幸い体調は悪化せず。カゼというより、なんか悪いモンでも喰ったのかもしれません。最近賞味期限切れにチャレンジするのがマイブームだったりする。最も意外だったのは5年モノの缶ビール。普通のビールと全く違う味になるのだ。甘くてまったりという感じ。飲んだことないでしょ?

朝からガッツリ原稿書き。途中、WBC始まったので仕事にならず。応援する側は気楽なモンである。その時だけファンになったふりすればいいだけですから。でも選手は日々頑張ってます。特にイチローの忸怩たる気持ちたるや頂点に達したことだろう。明日も応援しちゃいますよ! 悔いなく戦って欲しい。

午後も新型プリウス関係の原稿書き。やはり「驚き」のあるクルマはメリハリの利いた原稿になるし、きっと読みたいという人も多いんじゃなかろうか。バブル景気以後、自動車業界は進化の速度が極端に遅くなった。だから面白くなくなったんだろう。この坂を越えればきっとクルマは楽しくなると思います。



3月17日(今年の桜は早い?)

起きたら困ったことに体調悪い。症状としちゃ37度半ばの微熱と、食欲の無さ、そして何より全身のダルさ。26日売り号の仕事たくさん抱えてるのに! それでも栄養ドリンクとサプリメント飲みながら、1時間くらいに刻みつつ原稿書き。悪化しないので、インフルエンザじゃないでしょう。

とりあえず高熱出てもヤリが降ってきても、明日までは石にかじりついてでも仕事しなくちゃアカンです。不思議なことに仕事となると無理が効く。これで「今日休んでも大丈夫」となれば、寝込むんだと思う。19日は仕事終え体調直し花見に備えてフネいぢりするぞ~!

IMGP0389.jpg
ロッドは伸ばすと145cmもある

そうそう。数日前、こんなモノを衝動買いしちゃいました。だって安かったんだもん。ペン型のロッドと超小型スピニングリールのセットで1199円。安いっす! これにサビキの仕掛けでも持っていれば、どこでも小アジとかイワシなんか釣れちゃいます。春よ来い!

TOPのコメント欄を見ると、CT誌『アミーゴ』の取材でクルマ談義をした皆さんが、とても参考になる意見を述べてくれている。ただTOPのコメント、読みにくい。そこでアミーゴ仲間の皆さんや、面識ある人の書き込みは今後別個に掲載させていただきます。

-----------------------

<アミーゴ5号>
新型プリウス、やってくれますね。大型化と排気量アップ、知らない装備までつけて高額化の一途をたどってきた日本車が、やっと原点に帰ってきたと実感します。日本車の原点とは、良いものを安く、そして高等高価な技術を庶民の手に送り届ける事だと思います。

クルマ好きはその昔、ポルシェターボに憧れて、マークツインターボを買ったり、シティターボでかっ飛んだりした訳ですからね。今回のプリウスの価格設定は、一桁多く販売しないとペイできないのでは? と心配するほど凄い! ダンピング呼ばわりさせるかもしれません。

でも、今のクルマ市場の閉塞感をぶち破るインパクトがあります。インサイトのホンダも、ハイブリッド開発中の世界のメーカーも、ベンチマークがやたら遠くに行ってしまってビビっているかもしれない。けど数年後、プリウスに追い付け追い越せで、いろいろなハイブリッドがリーズナブルな価格で登場している事でしょう。

今回のトヨタが投じた石の影響は、オバマ大統領の演説よりも大きい! はじめてトヨタを心の底から尊敬しました。

-----------------------

<岐阜のアミーゴ>
新型が205万円、旧型が189万円。おそらく新型は値引き0円でしょうが、16万円差では旧型はあまり売れないのでは? ということは、インサイトと値引き合戦の対象になり、更にお値打ちになると見ます。いつもは複数ディーラーで相見積りしますが、今回ばかりはすでに30万円の値引き済なので、おとなしく契約しそうです。でも現行プリウスを下取りに出すと、かなり厳しい値付けになりそう・・・

3月16日(嬉しいことに忙しいです)

朝から取材。けっこう待ち時間のあるスケジュールのため、合間に原稿書き。新型プリウスの価格やスペックが判明して以来、ギョウカイは騒然とし始めた。そらそうだ。新型プリウスの価格、他メーカーに抜本的な方針変換を迫ることになります。

ただ「プリウスの価格の意味」を実感出来る人は案外少ない。今回一番強く反応したの、ベストカーの勝股兄でした。イッキに元気一杯となりましたから。これから凄いことが始まる、と本能的に認識したんだと思う。間違いなく自動車の歴史は変わるだろう。

ちなみに新型プリウスの仮予約、すでに受けているらしい。ディーラーからメーカーに出す第一回の予備注文は3月18日とのこと。つまり明後日までにお願いすれば、けっこう早い時期に納車してもらえるということ。早く乗りたいなら早めにどうぞ。ただ初期ロットはあまり推奨しません。

さてさて。こうなるとトヨタ以外は厳しい厳しい戦いになってしまう。助けられる場面あれば、微力ながらバックアップしていきたいと思う。やはり自動車好きからすればトヨタだけじゃ物足りない。ホンダも日産もマツダも三菱もスバルも頑張って欲しい!

3月15日(動画って簡単なのね!)

小沢代表の件、誰が一番得をするのか考えればシンプルかもしれない。政治家はクラスの人気者。検察に代表される役人はクラスの優等生。優等生からすれば「成績良くないクセに俺たちをコントロールしようとするなよな!」という構図なんだと思う。

考えて欲しい。政治献金は「使う金額の割り当てを決めている」だけ。税金払う国民からすれば、出す金額同じです。されど役人がやってることはムダ使い。国民からすれば、強制的に集めた税金を勝手に使ってる役人共の方が腹立たしい。

本来なら「正義」というフィルターを掛けて論評しなければならないメディアが、原理主義なんだからどうしようもありません。1kmのスピード違反と、飲酒運転による追突事故の悪さの量を判定できないということです。まぁ結末は見えている。市民がガマン出来なければ、大変革になります。

昼過ぎから新型プリウスの情報が続々入ってきて愕然とする! こら自動車ギョウカイの大変革になること必至。この波を越えられなければ淘汰されるしかあるまい。逆に越えられれば圧倒的な競争力を獲得することになろう。自動車産業で世界の覇権を取れる。

気晴らしにユーチューブをいじっていたら(今まで興味なし)、イマサラながら簡単に動画がアップ出来ることを知った。バカです。とりあえず手持ちの動画をアップしてみたら、う~ん。すぐ出来ちゃいましたね。ムスコがタイのラリーに出た時の動画です。今後、少し勉強してみたい。


9秒と短く、軽いです

3月14日(テポドン3?)

北朝鮮は日本方向に人工衛星用ロケットと称したミサイルを発射すると言っている。黄昏化した麻生首相曰く「撃ち落とす!」だって。されどアメリカの動きを見ると「迎撃は賛同しない方針」らしい。なぜか? 高いお金を払って購入した迎撃ミサイルSM3ながら、アテにされちゃマズいんだと思う。

理由は二つ。まず「大陸間弾道ミサイルにゃ役立たず」だという点。SM3が撃ち落とせるの、低・中距離弾道ミサイル(高度150~250km)までらしい。ハワイあたりを狙った長距離弾道ミサイルの場合(今回のミサイルは3段式)、高度1000km。てんで届かないワケ。SM3は万能じゃないのだ。

二つ目が命中精度。伝家の宝刀は抜かないから脅せる。抜いたら「な~んだ」じゃナメられてしまう。もし北朝鮮のミサイルがSM3で迎撃可能とされる低・中距離弾道ミサイルだったとしよう。SM3で迎撃したなら、命中する確率5割なんだとか。そいつを目標に対し2発撃つので命中確率75%。

外れちゃったらどうよ! カッコ悪いし、効力無しということになってしまう。アメリカとしちゃ抜きたくない宝刀なのである。軽々に「撃ち落とす!」なんて言わなきゃよかったのに。まぁ北朝鮮のミサイルがテポドン2の如く「中折れ」(空中分解した)しちゃうかもしれませんが。

朝からCTの取材で終日千葉県方面へ。午前中の爆風、猛烈でした。東京灯標のデータ見たら、7時~8時台は風速25mだって! これ、100kmで走っている時に受ける風と同じ。海の上で吹かれようものなら100%遭難でしょ。

3月13日(ケツの穴の小さい輩)

そろそろ仕事が押して来ちゃいました。早起きして気合いを入れる。途中、身体のコンディションをキープするためシムに。いつも行っている公共のジム、会費無し400円で使い放題。けれど4月から管理会社変わると言うことでマッサージは2月一杯でなくなっちゃいました。う~ん。

ニュース見てたら森という麻生内閣の法相はフィリピンから不法入国していた家族に在留特別許可を出さなかった。血も涙も情けも無い政治家だ。考えて欲しい。人を殺したって時効ある(殺人の時効は大反対です)。今回の問題の本質は16年間放置し、子供が13歳まで育ったことでしょう。

入国管理で偽造パスポートを見破られず、その後も日本で暮らし続けたのは日本側の失態。こらもう時効みたいなもの。参考までに書いておくと、無期懲役相当の罪を犯した場合の時効が15年。今回の件、罪の重さとしちゃ6番目くらいが妥当じゃなかろうか。

以下、時効の年数を挙げておく。

1)死刑にあたる罪については25年
2)無期の懲役又は禁錮にあたる罪については15年
3)長期15年以上の懲役又は禁錮にあたる罪については10年
4)長期15年未満の懲役又は禁錮にあたる罪については7年
5)長期10年未満の懲役若しくは禁錮又は罰金にあたる罪については5年
6)長期5年未満の懲役若しくは禁錮又は罰金にあたる罪については3年
7)拘留又は科料にあたる罪については1年

しかも過去に偽造パスポートで入国し不法滞在を続けた家族に対し在留特別許可を出したケースもある。温情とかの問題でなく、この程度の余裕すら持てない政府が情けない。ずいぶんケツの穴の小さい輩を大臣に選んじゃってくれたもんだ。もはや武士道など皆無。

それにしても日本人は昨今の状況をよくガマンしていると感心しきり。私の場合、いろんな意味で追いつめられちゃいないから、ケツをまくってやろうなどと思わない。でも遠くないウチ、いろんな人が耐えきれなくなるんじゃなかろうか。

3月12日(ボートショーに行く)

JRと東横線を乗り継いで「みなとみらい」へ。家から1時間30分。クルマと同じくらいでした。会場に着くなり、見たかった日産の新型双胴艇のチェックなど。ボートショー2009で書いた通り、こいつにゃちょっとガッカリしました。ただヤマハから魅力ある新型艇もデビューしたりするなど楽しい。

3121.jpg
右のヨット、いくらくらいするんだろ?

個人的に興味有るのがヨット。なんたって燃料不要。荒天にも強い。その気になれば海外にだって行けちゃう。60歳になったらヨットに転向しようと思ってます。沖縄くらいまで行ってみたいぞ! 写真くらいのサイズのヨットあたりで練習を積もうかと。

3122.jpg
分解できるそうな

上の写真のような超小型ボートも楽しそう。穏やかな湾内で釣り糸を垂らすのも悪かない。このフネは35万円と高いものの、12万円くらいから船外機を付けられる可搬タイプの超小型ボートが買える。100万出せばけっこう本格的なボートも。

IMGP0368.jpg
30馬力エンジンとトレーラーのセットで143万円

終了後、新子安のマツダに寄ってロードスターのマイナーモデルをピックアップ。試乗レポートを頼まれたんだけど、まだ乗ってなかったのだ。乗り心地の良さに驚く。

 

3月11日(1000円乗り放題のナゾ)

起きたら前橋は良い天気であります。西側を見ると妙義山から浅間山。そのまま北に目線を移動させて行くと、榛名山、そして赤城山といった具合。関東平野の北端に位置する前橋の景観は素晴らしい。東京育ちのため、海と同じくらい山が見える景色も好きだったりする。

気持ちいいので直帰したくないけれど、そうも言ってられないのでサクサク荷物まとめてチェックアウト。関越で東京へ。前橋~東京は2700円。朝9時までに乗れば2000円。半額の時間帯だと1400円。1000円乗り放題になったらいくらか? 悲しいかな不明。

東松山~前橋間についちゃ1000円なのだけれど、練馬~東松山間の料金が不明。本来なら1400円なんだけど割引されるらしい。ちなみに「仙台から静岡まで走るとこうなる」みたいな新聞記事によれば、本来1250円の東京~厚木間が750円なんだという。

定価だと1250円。半額なら650円。30%引きで900円。750円ってどこから出てきた数字なんだろうか? NEXCOに問い合わせてみると「どこから出てきたのか解りません」。どうやら本日のTOPと同じく憶測に基づいた記事らしい。明日のTOPで詳しい情報を。

夜はラジオ日本の収録。半期毎の番組のため(4月~9月は野球中継)、終了後、六本木に移動して牧野紗弥ちゃんやスタッフの皆さんと夕食。

3月10日(ETC助成金)

午前中原稿書き。ETCの助成金について調べてみたら、まぁ混乱している様子。販売店の方にも最終的な連絡が来ていないそうな(正確に書くと昨日時点でプリント数枚分の資料しか入手できないのだとか)。ただ今年度に限って言えば台数制限無しとのこと。4月以降についても助成金が出るというウワサも流れている。とりあえず12日以降、イドサワなどに申し込んでおけばいいと思う。

ニュースをチェックしたら高田純次さんが交通事故を起こした、と様々なメディアで報じられている。対向してくる原付バイクとの右直事故(原付直進。クルマ右折という典型的なクルマ側に責任ある形態)だった模様。幸い2週間のけがで済んだ。それにしてもネットだけじゃなくTVや新聞でも報じられる重要度のニュースだろうか? それだけ高田純次さんが大物だということなのかもしれません。

P3100004_1.jpg
田中アナです

夕方からFM群馬の収録のため前橋へ。10年あまり続いた番組ながら、今回の不況に飲み込まれてしまいました。長く続けていた(FM群馬で最長寿でした)だけに認知度は驚くほど高く、群馬県在住の方からいろんな場面で「聞いてますよ」と言われます。終了後、アナウンサーやスタッフの皆さんとお疲れ会。4月からについちゃ現在アラケンが作戦を考えている?

3月9日(WBCは負け)

早起きして取材のため御殿場へ。天気予報によればガチンコの雨なれど、全く降らず。雪も雨も気合い入った予報ほどハズれるのが面白い。湯沢の人に聞いたら「今年は何度雪の予報に振り回されたことか」。ハズれるとがっかりするという。新潟ライブカメラ見ても、雪少ない。

309.jpg
ウチの梅は(いつも少し遅い)そろそろ見頃

プリウスの次のクルマ、ナニにしようとか依然思案中。ベストカーでも書いた通り、お買い得感めちゃ高いBMWの3シリーズに気持ちは傾きつつある。エクストレイルのディーゼルとインサイトも魅力的ながら、クルコン無し。次期型プリウスが値上がりしないという情報もあって、それなら乗ってみたい。

夜はWBCを見た諸兄が多いんじゃなかろうか。文化は大きな喜びを与えてくれる反面、ストレスも提供してくれる。こんな時、応援するか怒るか達観するか諦めるか? いずれにしろ無関心で居るより人生を楽しめること間違いなし。悔しければ勝った時にその分嬉しさが上乗せとなります。 

久々に身体中バリバリに凝ってしまった。ウデや足にシビれまで出てくる始末。痛くて眠りも浅くなるほど。運動&マッサージが一番効果的なのだけれど……。明日あたり、何とかしないと寝られなくなりそう。それにしても若い頃は身体が凝るなんてイメージすら出来ませんでした。

3月8日(結婚式です)

昼から銀座のホテルでの披露宴にお呼ばれ。「なにか一言を」と頼まれたのだけれど、当日の雰囲気で内容を決めることにした。最初の方の挨拶ならマジメにやれば良い。されどラストとのこと。となればマジメならマジメに。盛り上がっているならそれなりに、という出たトコ勝負しかあるまい。

それにしても美味しい食事でありました! スタートからして素晴らしい! 濃厚なコンソメのジェリーの中に、カニとキャビアと大量のウニ。さらにフォアグラ丼。宴席も大いに盛り上がる。挨拶は何とか及第点を頂けたらしい。幸せな家庭を二人で作って下さい。おめでと!

帰宅して仕事。少し溜まってしまいました。最近の「う~ん!」が体重。ラリージャパンダイエットで82kgまで落ちたものの、ここにきて85kgを伺うイキオイ。ウチのメシ、困ったことにウマいのだ。しかも少なくない。今宵もお昼に御馳走食べてきたのを知りながら、大きなハンバーグ2ケだって!

1ケでやめようと思ったけれど、ウマいのでペロっちゃうのだ。今シーズンはスキーダイエットも出来なかったし。何とか体勢を整え、連休までは82kg台に落としたい。夜はやっぱり結婚式で東京に来ていた大阪の岩田君と今後の修行についての話など。もちろん岩田君のバックアップ、しますよ~!

3月7日(サカナは釣れず)

天気良かったら海だ、と楽しみにしてたのに、東京灯標のデータ見たら14m以上の強い北西風。新聞取りに行ったら天気イマイチな上、なるほど風強い。とは言え最近全く行ってないので、ダメモトでマリーナへ。洗船などしてお昼食べてたら天気良くなり急に風が落ちてきました。

だったら気晴らしに行こまい、といつも紹介してる東京灯標(羽田空港の沖合い。ANAのターミナルから見えます)までシーバスを釣りに行く。といっても潮時は満潮。時間も15時頃と、サカナのご飯時じゃない。まぁ釣れなくても糸だしてるだけで楽しいのが釣り好きというヤツです。

3071.jpg
これが東京灯標。ムカシは有人だったらしい

夕方来るといつも魚探にたくさんサカナの反応出るものの、本日全く無し。いないってこと。半分諦めつつ手前船頭で窓から竿出しつつ東京灯標の回りをジグで探る。それにしても朝方の爆風がウソのように穏やか。こんな海況なら伊豆大島にだって行けそう。

3072.jpg
海の上にいるだけで気持ちいっす

ベタ凪ぎだからと、初めて全開にしてみた。3300回転まで回って北向きが27ノット。南向き29ノット。風か潮流の影響か? このエンジン(トヨタの4気筒3リッターディーゼルターボ)、カタログ見ても何回転で最高出力なのか書いてない。営業の人に聞いても不明(詳しくはBoat netで)。

3073.jpg
水深はナビ画面の右下。13,7mですね

写真は3000回転で23,6ノット(約43km)出ている。逆方向だと25ノット少々といったあたり。このくらいの速度ならディーゼルでも騒音は全く気にならず。4月に入ったら東京湾口あたりまで行き、大物をばかすか釣りたいもんだ。帰宅してバックホーの特訓。 

3月6日(天気悪くて何か腹立つ!)

やや旧聞に属すけれど、年金は昨年10~12月の3ヶ月間で5兆7千億の損失を出したという。これ、ナニを意味するか? 現在年金の預かり金はおおよそ90兆ある。そのウチ、2割を株で運用してます。ざっと18兆円。この金額から5兆7千億円がパァになったワケ。

さて。残る72兆円はどうしてるか? 恐るべきコトに国内/海外の国債に突っ込んでいるそうな。比率は公表されていないけれど、米国債分についちゃ諦めるしかあるまい。年金は完全に終わっていると言うことです。おそらく役人達のホンネは「バレるまえに財政破綻してね」だと思う。

今日も朝から雨。とてもじゃないが2月~3月初旬の天気と思えぬ。季節が1ヶ月以上早い感じ。新潟のライブカメラ見ると今日の雨で関越道の路肩の雪もほとんど無くなった。ただウチの梅は例年通り遅い。天気悪いと仕事はかどりますけど。夕方から打ち合わせのため都内へ。

天気良ければフネ乗って横浜までクイーンメリー2を見に行こうかと思ってたのに、雨だけじゃなく天気図見たら爆風の兆候。断念す。夜、東京灯標の風速をチェックすると13時あたりから風速上がり、18時には16mの北西風。行ってたらシビれてたと思う。生きてるウチにまたQM2は来るでしょう。

3月5日(バックホーで穴掘り)

最近経済・政治・役人全ての部門で東京大学出の悪口をヒンパンに聞くようになってきた。「人の話を聞かない」という。そらそうでしょう。東大出の人間は自分が最高だと思ってますから。ちなみに成功してる東大出身の人間は人前でエバッてても、陰で猛省してます。苦労した東大出は人の話も聞く。

いずれにしろ日本の硬直化に東大出身者が貢献してるのは間違いないだろう。ま、勉学の才ある人間がエバれる世の中はある意味平和。安定した体勢を意味する。良い時代だったのだ。修羅場になったら感性やひらめき、直感力、体力、知力、人間力など勉学と違う次元の能力が必要になる。

午前中仕事。合間に小一時間バックホーの練習をば。正方形の穴を掘ろうとしているのだけれど、横の壁を垂直にするのが難しい。微妙に旋回させつつ、一つ目のアームを延ばし、2つめのアームを下げ、バケットを伸ばすという4つの操作を同時に行わなくちゃなりません。

先日思ったように動かずイライラしただけに終わったものの、本日は基本操作のみアタマで考えつつこなせるようになってきた。こいつを延髄反射の如く自らの手のように使いこなすようになりたい。ラリーカーのコントロールと共通するドライビングプレジャーがあるか?

午後は都内で打ち合わせ。時間に余裕見て家を出たら、本日道路がらがら。30分の早着であります。昨年末以後、確実に交通量減っている。首都高だって渋滞しなくなってきた。これなら道路など造らなくてもいいほど。消防車も救急車も通せんぼしてる開かずの踏切だけ何とかしてくれ。

3月4日(1気筒死んでるブルーバード)

天気予報じゃ雪が降る雪が降る一杯降ると連呼していたものの、起きたら雪のユの字も無し! 昨日の取材でavの片山君「今日は雪降るらしいから早く帰った方がいい」をせかしたのだけれど、カンペキなる空振りでした。気象庁にゃプライドってモンが無いのか! たまにゃ「スマン!」くらい言ってもいいでしょ。

不景気にもかかわらず、何とか毎日仕事にありつけている。今日も朝から原稿書き。それにしても2月から天気悪いです! 普通、東京の冬と言えば乾燥注意報が連日出るような晴天続き。なのに梅雨のような空もよう。明日は晴れ間出るようだけれど、金曜日からずっとダメな感じ。気分がクサります。 

夜は運転免許取得支援の教官にヘンシンす。先日知ったのだけれど練習で使っている日通の初代社長、どうやら縁戚関係らしい。満鉄の5代目総裁だった国沢新兵衛という人であります。コドモの頃から一族の偉人だと言うことでよく名前を聞かされてました。

世が世なら「よっ! 今日も頼むよ!」と手を挙げて教習車の1台や2台借りれるだろうけれど、今宵の教習車ときたら1気筒死んでるブルーバード。発進の度にガタガタ揺すられ、不完全燃焼の臭い排気ガスにムセながら現実を思い知る。嬉しいことに運転は格段に上達。来週仮免の受験だぁ!

3月3日(スバルはどうなるんだろ?)

av誌の取材で現行レガシィの最終モデルに試乗する。久々にハンドル握ったのだけれど、ヤッパシ正統派の良いクルマであります。加えて全然知らないウチ、いろんなモデルを出しているぢゃないの! ワゴンのNA2,5リッターやアウトバックの2,5リッターターボの存在、初めて知りました。

3031.jpg
2,5リッターNAのクルコン付き

スバルがなんでPRしないのか不思議でならない点の一つは燃費。モンクありません! 行きの2,5リッターNAモデル+究極の4速ATは100kmにクルコンをセットして15,6km/L。帰りに乗った2,5リッターターボのアウトバックも95km巡航で13,9km/L走りましたから。

3032.jpg
アイドルストップ機能を加えれば文句なし

考えてみれば元気だった頃のスバルって、モデル末期までキチンとクルマをアピールしていた。今やそんな雰囲気無し。エクシーガなんて良いクルマだと思うのだけれど、月面なんか走らせるモンだから3桁の前半になってしまっている。昨日のTOPで書いた三菱とよ~く似てます。

今年発売する次期型レガシィは2,5リッターモデルだけになるらしい。しかも2リッターモデルより30万円くらい高くなるそうな。「アメリカばかり見るのは止せ」という声が出なかったのか? 厳しい意見を聞かなかったんだろう。三菱自動車と同じく、心ある社員達は「このままじゃダメになる」と思っているに違いない。

3033.jpg
3気筒720ccの10馬力ディーゼルエンジンを搭載

帰宅し、バックホー修行。初めて操作したのだけれど、難しいの何の! 思った通りに動いてくれない。こいつのオペレーターが高級取りなの、解ります。20時間くらいで基本操作くらい覚えられるかどうか、といったイメージ。マスターしたら穴掘りのバイトでもします。

3月2日(プリウスとお別れ)

プリウスとお別れすることになった。以前から知人に「手放す時は譲ってくださいね~」と言われていたけれど「そろそろでしょう」みたいな空気を送ってきたので、年度変わるのを機に区切りをつけることにした次第。永田が練馬から有明埠頭まで最後のエコランやったら29km/Lだって。

302.jpg
いつものことながら手放すときは寂しいです

次のクルマを何にするか思案中。本命はインサイトだったものの、クルコン付いていないため後退。変わって次期型プリウスが有力になってきたのだが、良いと解ってるクルマ買うのもナニかなみたいな心情に傾きつつある。エクストレイルDもクルコン無く断念。

もしiMiEVが市販されるなら買ってみたい。EVに関しちゃクルコン無くてもOKです。その場合、ボクスターをクルコン付きに乗り換えればいいですから。こうやって次のクルマを考えているときが一番楽しいかもしれません。その間、ほとんど乗ってなかったセルシオを楽しむつもり。

3月1日(雪が少ない!)

今シーズンは早期にスキー場がクローズドになってしまう可能性あるため、昨晩のウチに湯沢まで移動。早起きして加山に行く。するとどうよ! 最高を10倍したような素晴らしいゲレンデコンディションだったりして。「こんなスキーがしたかったのよ!」みたいな感じ。

3011.jpg
加山で最も距離のある第3ゲレンデ

ピステン掛けた後の雪模様がクッキリ見えるものの、決してカリカリじゃありません。加えて滑る滑る! スピード乗るしターンだってカンペキに決まったりして。声出したくなるくらい楽しい。やがてベシャベシャになること確実だから10本ほど連続で堪能す。

3012.jpg
道路脇の雪のカベが全く無い!

一休みしてから斜度34度の第3ゲレンデ(世界一空いているクワッドリフト)を3本ほど連チャンして早上がり。合宿所に戻って原稿書き。一休みすると疲れてグダグダになるから、ウェアだけ脱いで入魂す。何とか渋滞始まる前に終了。東京に戻る。関越道の景色、4月上旬みたいだ。

 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。