FC2ブログ

国沢光宏の日々是修行

ジドウシャヒョウロンカの毎日

7月27日(すげぇ!)

昨日遊んだ分を取り戻すべく朝から原稿書き。合間に仲間内の掲示板を見ていたら、すっごい写真が! 昨年に出来た『てつのくじら館』の展示とのこと。今年の3月まで現役だった”ゆうしお型”潜水艦『あきしお』の本物を地上展示してあるそうな。

全長76,2m/排水量2250トンは潜水艦としちゃ大きくないけれど(ロシアの原潜タイフーン級は171m/18500トン)、騒音レベルが極めて低い5枚ハイスキュード・スクリューや、「マスカー遮音装置」(細かい泡で居場所を隠す)を装備するなど通常型動力としちゃ当時世界一の性能を持つといわれていた。

727.jpg
凄い「絵」ですね

現在の主力は、原潜クラスの静粛性を持つといわれる7枚ハイスキュード・スクリューを装備する”はるしお型”と、防衛能力は原潜以上と評価されている葉巻型船型の最新鋭”おやしお型”です。おやしお型についちゃ詳細データがほとんどないものの、実用最大深度で600m程度だと言われる。

潜水艦の構造上の圧壊深度は実用深度の1,5倍が相場らしいから、その気になれば1000m近く潜れるということ。ちなみに”ゆうしお”型は実用最大深度400mらしい。あきしおは展示されているだけでなく、無料で内部へ入れるという。潜水艦の艦内、一度見たいっす!

参考までに書いておくと、次期主力潜水艦は来年3月配備の”そうりゅう型”。水中排水量4200トンと通常型潜水艦としちゃ圧倒的に大きく、大気を使わないエンジン(スターリング機関。いわゆる内燃機関でなく外燃機関)を搭載している。

上の写真に写っているスクリューと砲身は長門型戦艦の2番艦である『陸奥』のもの。『大和ミュージアム』も隣接しているらしい。いやいや一度広島県は呉まで行かなくちゃならぬ。
スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

てつのくじら館について

私は広島市に住む者です。てつのくじら館と大和ミュージアムどちらも行きました。

てつのくじら館ですが、実際館内で見学できるのは艦橋と付近の偉い人用の居住区だけです。そこから下の館内は一般には公開されていないようです。
老朽化激しく機密事項はない筈ですが、艦橋内は撮影禁止です。
なお自衛隊のPR施設ですので入場無料です。
http://www.jmsdf-kure-museum.jp/
ま近くから見ると言葉どおり仰け反ります。

一方大和ミュージアムは呉市の観光施設ですので、有料(700円)になります。

以上、ご参考までに。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kunisawamitsuhiro.blog70.fc2.com/tb.php/126-fca4bbe6

 | HOME | 

文字サイズの変更

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

ブログ内検索

Template by たけやん