FC2ブログ

国沢光宏の日々是修行

ジドウシャヒョウロンカの毎日

8月5日(日産の新技術にシビれる!)

日産の先進技術説明会&試乗会で発表された技術を見てウなりましたね! 前回の先進技術説明会の際「凄いですね!」と感じたの、ディーゼル関係のみ。前々回なんか「これが日産の現実か!」と悲しくなるくらい寂しい内容だった。しかし今回は強烈! 国沢光宏、もはや感心しっぱなし!

例えば『エコペダル』(上手なドライバーのアクセルワークを誰でも実現出来る)という地味な技術一つ取っても、数千円の部品(電気式アクセルペダル)で実用燃費が10%前後向上するのだ。軽量化やエンジンなどで燃費を10%上げようとしたら、最低でも数万円以上掛かってしまう。こんなに費用対効果の大きい部品など無かろう。

8054.jpg
誰にでもエコラン大王と同じアクセルワークが可能

高速道路の事故原因トップ3に入る「進路変更時の接触事故」を劇的に減らすことの出来る『サイド コリジョン プリベンション』も素晴らしい。側方に出来る死角にクルマ居たらハンドル切ってもクルマが車線をキープしようとするのだ。姿勢制御装置並かそれ以上の事故防止効果を有す。今回発表された新技術、おいおい紹介していきたい。

8053.jpg
日産のリチウムバッテリーはマンガン電極なので安全性が高い

それにしても日産のポテンシャルたるや高い。バッテリーなんか今や世界トップクラスかと。技術者の意気も抜群だ。数年前と違う会社になった感じ。もしこのまま順調な成長をしていけば(商品化するにあたって若干の修正は必要かもしれない)、往年のイキオイを取り戻せると思う。お金あれば日産の株を買いたいっす!
スポンサーサイト



コメント

国沢さん、いつも貴重な情報ありがとうございます。
日産も独自のハイブリッドシステムを研究していたんですね。
それと今、テレ東のWBSを見ていましたら、実験車両のEVキューブの様子を報道していました。

5月に行われた「人と車のテクノロジー展」で日産の開発の方とお話をした時「アルティマのハイブリッドは基本的にはトヨタのカムリと同じものだが、制御のマップが日産独自のものでカムリよりも実燃費がいいんですよ」と仰っていたのを思い出しました。
ところでスカイラインに使われているシステムは、クラウンやレクサスGSなどに使われているものとは全く別物なんでしょうか?

個人的にはFR用で燃費に振ったハイブリッドシステムを小型ボディーに収めた車を望んでおります。
具体的にはシステムパワー160馬力,250Nmぐらいで、実燃費18km/lぐらい。(まぁ、これぐらいのスペックだったらターボディーゼル+ツインクラッチでも達成できそうですが)
車の雰囲気は、FRハイブリッドのアウディーA3といった感じだったらいいですね。それで車幅が1700mm程だったら最高です。
変速機構にはマニュアルモードも必要です。(燃費重視の場合は自動変速モードを選択する)
価格は300万円ぐらい。私の理想の車はこんな感じです。
車のコンセプトは「ハイブリッドで尚且つ感覚性能重視の小型FR」このコンセプト、欧州でウケそうな気がするんですけど、どうでしょうか?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kunisawamitsuhiro.blog70.fc2.com/tb.php/136-499cae93

 | HOME | 

文字サイズの変更

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

ブログ内検索

Template by たけやん