FC2ブログ

国沢光宏の日々是修行

ジドウシャヒョウロンカの毎日

8月31日(イルカちゃん達に囲まれる)

八丈島行きの「かめりあ丸」は5時に三宅島着。10分ほど荷物や乗客を降ろし、目的地の御蔵島へ向かう。この島、就航率の低さで知られており、間近まで来て着岸できないことも多い。今年の夏は”ほぼ”欠航無しなんだとか。予定通り6時に着岸出来ました。

8311.jpg
竹芝を22時30分出航。御蔵島は翌朝6時着

この島「宿がないモノ、上陸しちゃならぬ!」という厳しいオキテがあることで有名。港には警察官が張り込んでおり、民宿の出迎えなく港に居残っていると「どこに行くのか? 何しに来たのか?」と誰何されるそうな。ちょっと感じ悪い。

私ら、民宿の人が来ているため無事通過。御蔵島は写真の通り太平洋にソソリ立つ「山」と言っていいような地形をしている。平坦なブブンなく、海が山になるイメージ。だからこそ大きな港も作れないのだった。人口約300人とのこと。

8312.jpg
周囲は断崖絶壁!

一休みして8時30分からドルフィンスイム。ま、小さいフネで島の回りに居るイルカと泳ぐワケです。日本では小笠原と御蔵島だけ。世界的に見ても10カ所ないという貴重な場所なのである。だからこそ「宿が無ければ来るな」と言われても、私のように行く人が出てくるのだった。

このところずっと天気悪かったというものの、1本目は雨も降らず。波も御蔵島としちゃ「良い」というコンディション。港から出るや、皆さんすぐフィンやマスク付けて臨戦態勢! ヤル気満々なのね! 港から5分も走らないウチ、船長さんの「左右から海に入って」という号令下る。

8313.jpg
10人乗り/60~90馬力くらいの和船を使う

海に入るや「居ました!」。イルカちゃん登場であります! 水の中だと「ぴぃぴぃ」とか「かかかかか」みたいな音(声?)が聞こえる。皆さんイルカそのものを見て感激してるけど、私は音に心地よさを感じました。それにしてもイルカう~ようよ。気が向くと、くるくる回って遊んでくれたりして。

一回に見られるのは2~3分。群れはすぐ移動するため、そいつを追いかけ、また入るという繰り返しを数回やっているウチ、あっという間に2時間経って終了になる。宿に戻ってお昼食べ、13時からもう1回。これまた港から出てすぐイルカの群れが見つかり、2時間/5~6回のイルカ修行を行う。

8314.jpg
イルカちゃん

なぜかどんなスポーツより疲れる! ビール飲んで晩ご飯食べたら2時間くらい気絶。21時くらいからイルカについてのレクチャー。いろいろ勉強になりました。23時に終了。ネットが繋がらない環境のためやむを得ず飲み始めたら、再び睡魔にやっつけられ気絶す。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kunisawamitsuhiro.blog70.fc2.com/tb.php/163-7be3a037

 | HOME | 

文字サイズの変更

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

ブログ内検索

Template by たけやん