FC2ブログ

国沢光宏の日々是修行

ジドウシャヒョウロンカの毎日

9月1日(再びイルカちゃんとぐ~るぐる)

今日は「凪」と言って良い海況。これなら私のコブネでも夢の島から来られると思う。8時にイルカ舟で出航! 今日も皆さん港を出るやフィン&マスクを装着し、号令下るや海に入れる体制。ちなみに私は3mmのウエットスーツながら、ほとんどの人はラッシュガード(水着の上に着る)+短パン。寒くないの?

午前中は途中大雨に見舞われたりして海も暗い。といっても出港出来れば、ほぼ100%イルカと遭遇出来るそうな。「見つからないですね~」と、30分くらい移動し、ついに「用意してくださ~い」。潜ると昨日より水温3~4度低く、イルカちゃんがあまりかまってくれない。

9014.jpg
深いトコロを群れてゆっくり移動するのは「昼寝」とのこと

されど最後に出会ったグループが楽しませてくれました! 10mくらい潜ってぐるぐる回ると、一緒にぐ~るぐる回ってくれる。イルカと目と40cmくらいの距離になったことも。何回か当たっちゃうじゃないかと思うほど(触っちゃイケナイのが御蔵島のルール)。

9012.jpg
オヤジとイルカ

2本目はイルカの気分良かったらしい。しかも20頭近い群れ二つと遭遇。一つ目は子イルカを含む雌のグループだったようだ。必ず2頭で1頭の子イルカを連れている。リラックスしており、触れるほど近くまで寄ってくるほど。こらイルカ好きならハマるの解ります。

9013.jpg
子イルカには2頭の雌が付き添う

二つ目のグループは若い雄のグループ。これまた20頭近くで、乱舞しながら動物で言うところの「マウンティング」(位置づけ行動と言われている)を水面近くで繰り広げている。近より難い雰囲気のため、数m離れて視察。いやいや堪能しました。

9011.jpg
東京とは思えないノンビリした空気が流れる

夜は夕食後、再びイルカのレクチャー。御蔵島の『エコツーリズム』の話なども聞く。やはり自然を守って行こうとすると、厳しい規律を作らないとダメだという。まぁ海外でも同じ。人気の場所ほど厳しい。本来なら「マナー」で解決したいトコロなれど、なかなかそうもいかないんだと思う。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kunisawamitsuhiro.blog70.fc2.com/tb.php/164-878cc36c

 | HOME | 

文字サイズの変更

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

ブログ内検索

Template by たけやん