FC2ブログ

国沢光宏の日々是修行

ジドウシャヒョウロンカの毎日

10月5日(楽しかった!)

パシフィコ横浜で行われている航空宇宙展に行く。一度パシフィコ横浜の前にある『ぷかり桟橋』へフネで乗り付けてやろう思ってたんだけど、やっと実現しました。夢の島から渋滞無しの約1時間。駐艇料は2千円であります。

1051.jpg
ミナト横浜初見参!

三菱重工のブースに行くと『MRJ』(70~90席サイズの純日本製リージョナル機)の模型とモックアップが飾ってあった。なかなかカッコ良い! YS11に続く国産旅客機は離陸出来るだろうか? 大いに頑張って欲しいと思う。

1052.jpg
平成24年の就航を目標としている

レイセオンには先日迎撃テストを成功した『PAC3』(パトリオット迎撃ミサイル)の実物大模型が。イメージしていたより大きいのに驚く。姿勢制御用のロケットモーターなどの構造もよくわかった。ただ飽和攻撃(打ち落とせないほどのミサイル攻撃)されたらオシマイです。

1053.jpg
内部構造までキチンと見せてました

何と言ってもシビれたのが『ネ-20』。終戦間際に種子島大佐率いる現IHIの開発チームがメッサーシュミットMe262に搭載された『BMW-003』の全体図面1枚だけ見て作り上げたという初の国産ジェットエンジンである。

1054.jpg
初飛行は12分間。推力475kg。寿命は40時間

敗戦の8日前に、これまた中島飛行機(現富士重工)の技術者がMe262の資料だけ見て作り上げた『橘花』に搭載され、木更津飛行場で1回だけ飛んだ。おそらくIHIのOBと思われる大先輩がエンジンを前に熱弁を振るってました。

105.jpg
テストパイロットだったらしく超腕利きでした!

臨時ヘリポートにはエクシーガのステッカーを貼った富士ベル205が! ベトナム戦争映画で出てくる『ベルAH-1』(イロコイ)と同じタイプ。2枚ブレード特有の「パタパタパタパタ」という音を出す。いやいや航空三昧の日でした。
スポンサーサイト



コメント

足りないのは工夫だ

ネ-20搭載の橘花、Me-163コメートの日本版秋水ロケット迎撃機も物資もなく、不完全な図面だけでよくここまで完成させたものだと思います。特にタービンブレードに使うニッケル合金がないので鉄を溶接して作ったことが有名です、PAC-3は弾頭を搭載しない、迎撃突入体(キルビークル)を高速で突入する弾道ミサイルに体当たりする高度な誘導システムで側面の姿勢制御のスラスターロケットを噴射していく今までとは違う方式です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kunisawamitsuhiro.blog70.fc2.com/tb.php/199-4457357c

 | HOME | 

文字サイズの変更

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

ブログ内検索

Template by たけやん