FC2ブログ

国沢光宏の日々是修行

ジドウシャヒョウロンカの毎日

10月7日(勉強になりました)

本日は競技用のメディカルチェックでなく、本物の定期検診。胸部のレントゲンに続き腹部のCTを撮るべく待っていたら、突然2つ横の席に座っていた人がガクガク動き始めた。座っていた身体が真っ直ぐになるほどで、隣の人と床に落ちないよう、急いで支える。といっても身体は硬く、全身が痙攣してます。

大きな病院だったため、助けを呼ぶと30秒くらいで人が来て、直ちにCTの検査室からストレッチャー到着。そのまま検査室に入り30秒くらいしたら、おそらく緊急放送なんだと思う。「CT室でEなんとか」。すると白衣お医者さんから手術衣のお医者さん、看護士さんまで下を見て50人くらい集まってきた!

何だか感動しました。これだけお医者さん集まれば必ず専門医も居る。幸いあっと言う間に対応できたそうな。どうやら「てんかん」の大発作と言われるものだったらしい。その症状たるや、あまりに激しい。今回は病院の中だったから落ち着いて居られたものの、街中などで遭遇したら、どうしたらいいか解らなかった。

後で調べてみたら、最初は「強直発作」と呼ばれる症状で、意識を失って倒れ、身体が硬くなる。1分くらいで口から泡が出てきます(今回の方も出てました)。最も気になる対応法は、倒れた時にケガをしないよう、そっと寝かせる、ということらしい。大発作であっても数分間程度しか持続しないそうな。

詳しい対応法は『日本てんかん協会』のWebを御覧下さい。初めて出会ったことなので相当驚いたけれど(死んでしまうのかと思うほど症状は激しい)、次は落ち着いて対応出来ると思う。そうそう。私の診断だけれど「正常なら30~149の中性脂肪が168」という程度。問題なしということでした。
スポンサーサイト



コメント

それがいわゆる

「コードブルー」ってやつですよ。

私、脳神経外科の病棟でナースマンをしております。
今回、国沢さんはとても緊迫した場面に遭遇されたのですね。痙攣発作は重積すれば生死に直結するものです。
痙攣発作が病院で一番起こる病棟にいても痙攣発作は何度遭遇しても緊張します。なにせ、強直より、間代性の動きよりも「呼吸」止まることがもっとも怖いので・・・。

その患者さんは素早い対応で一命はとりとめられたは思いますが、現場では常にコードブルーが鳴る前に、鳴らないよう、鳴らさないよう、異常の早期発見に努めて看護しております。

まとまりのない文章ですみませんでした。

「てんかん」への偏見をなくす

国沢親方ご無沙汰しております。
今回は、大変な場面に遭遇したようですね。

遭遇したのは、大発作だったようですが、てんかんには様々な症状があり、他人が見てもわからない発作まであります。

実は、私の息子2人も「てんかん」だと診断され、薬を飲んでいます。

症状も、長男は小さなとき痙攣を起こしたこともありますが、今は少し気分が悪くなる程度、次男は一度呼吸困難を起こして、救急車で運ばれたことがあります。

精密検査をしても、原因がはっきりしない場合もありますし、本人自身が病気に気が付かない場合も多いようです。

いずれ、薬を飲んでいれば、症状がでない人が多く、社会生活でも支障はありません。

100人に1人の割合の身近な病気でもありますので、くれぐれも偏見など持たないよう、暖かく見守っていただきたいと思っております。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kunisawamitsuhiro.blog70.fc2.com/tb.php/201-b4ecf52b

 | HOME | 

文字サイズの変更

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

ブログ内検索

Template by たけやん