FC2ブログ

国沢光宏の日々是修行

ジドウシャヒョウロンカの毎日

11月29日(凄いぞ外務省!)

空港機能がマヒしているタイはパタヤビーチの近所にあるウタパオ基地から国際線を飛ばすようになった。今週末はタイのラリーに出ていた可能性もあったため、気になります。まぁ私の場合、もし飛行機飛ばなければノンビリする好機到来とばかり躊躇わず居残りを決めますが……。

問題は外務省の仕事ぶり。韓国も中国もマレーシアも28日からウタパオ基地に帰国者用の飛行機を飛ばしていた。なのに我が国は丸々1日遅れ。穏やかなお国柄のタイだから良かったものの、一刻を争うような政情だと手遅れになってしまうことだって考えられます。

しかも12月1日の便はANA満席。JALもプライオリティ(優先)の順に乗せているため、帰国希望者全員が帰って来られるワケじゃない。普通の空港ストと違うのだから、こんな時こそ2機持っているB747-400を使うべき。こういったケースの際の良い練習にもなる。

我が国の政府は可及的速やかに財政破綻していただき、ヤル気のない役人共を一掃させなけりゃいかんともしがたいです。明治維新後や終戦後のような活気が出てこない限り、何をやってもアカンでしょう。
スポンサーサイト



コメント

当事者のひとりです。予定の3日遅れでやっと本邦帰還を果たせました。帰国便は航空会社任せと思っていたのですが、そうでもなかったのですね。
先方の国およびこれから帰る予定人の治安に関わることなので詳しく書きませんがウタパオはアナーキーでした。
多様な国の人が入り乱れている状況なのに中○人が目立ってしまうのは何故なのでしょうか。
最も憤慨したのは関空で全員が疲れて到着した通路(イミグレの前)で多くの報道の記者、カメラで大半を塞がれていたことですかね。ほとんどヤジウマのようです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kunisawamitsuhiro.blog70.fc2.com/tb.php/259-7691fe59

外務省 海外渡航情報

邦人全員ホテルから脱出=インド同時テロで外務省幹部 時事通信インド・ムンバイの同時テロ事件で外務省幹部は28日午後、記者団に対し「日本政府が把握している邦人は全員(武装勢力に占拠されていたタージマハル、トライデント両ホテルから)脱出した」と語った。同省...

 | HOME | 

文字サイズの変更

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

ブログ内検索

Template by たけやん