FC2ブログ

国沢光宏の日々是修行

ジドウシャヒョウロンカの毎日

3月13日(ケツの穴の小さい輩)

そろそろ仕事が押して来ちゃいました。早起きして気合いを入れる。途中、身体のコンディションをキープするためシムに。いつも行っている公共のジム、会費無し400円で使い放題。けれど4月から管理会社変わると言うことでマッサージは2月一杯でなくなっちゃいました。う~ん。

ニュース見てたら森という麻生内閣の法相はフィリピンから不法入国していた家族に在留特別許可を出さなかった。血も涙も情けも無い政治家だ。考えて欲しい。人を殺したって時効ある(殺人の時効は大反対です)。今回の問題の本質は16年間放置し、子供が13歳まで育ったことでしょう。

入国管理で偽造パスポートを見破られず、その後も日本で暮らし続けたのは日本側の失態。こらもう時効みたいなもの。参考までに書いておくと、無期懲役相当の罪を犯した場合の時効が15年。今回の件、罪の重さとしちゃ6番目くらいが妥当じゃなかろうか。

以下、時効の年数を挙げておく。

1)死刑にあたる罪については25年
2)無期の懲役又は禁錮にあたる罪については15年
3)長期15年以上の懲役又は禁錮にあたる罪については10年
4)長期15年未満の懲役又は禁錮にあたる罪については7年
5)長期10年未満の懲役若しくは禁錮又は罰金にあたる罪については5年
6)長期5年未満の懲役若しくは禁錮又は罰金にあたる罪については3年
7)拘留又は科料にあたる罪については1年

しかも過去に偽造パスポートで入国し不法滞在を続けた家族に対し在留特別許可を出したケースもある。温情とかの問題でなく、この程度の余裕すら持てない政府が情けない。ずいぶんケツの穴の小さい輩を大臣に選んじゃってくれたもんだ。もはや武士道など皆無。

それにしても日本人は昨今の状況をよくガマンしていると感心しきり。私の場合、いろんな意味で追いつめられちゃいないから、ケツをまくってやろうなどと思わない。でも遠くないウチ、いろんな人が耐えきれなくなるんじゃなかろうか。
スポンサーサイト



コメント

ひじょうに同感です

はじめてコメントさせてもらいます。
国沢さんのブログ、楽しく読ませていただいております。
車の話題ではないのですがひじょうに共感しました。
最近(このとこをずっとでしょうか?)この国は子供の幸せ、健全な成長を願っていないのでは?と思ってしまいます。
もちろん違法行為を肯定する気はありませんが、今回のことであの子の心はひじょうに傷ついてしまったのではないでしょうか?
子供は家族だけでなく国の宝だと思います。
いや世界の宝ではないでしょうか?
この国にとどまることが本当の幸せにつながるかはわかりませんが親と引き離されるのは誰が見ても不幸です。
子供が不幸になるような決定を下すお役人の尻の穴の小さいことといたら、同じ国民として情けない思いです。
麻生さん、これでいいのか?と聞いてみたいものです。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kunisawamitsuhiro.blog70.fc2.com/tb.php/367-04ebe77e

 | HOME | 

文字サイズの変更

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

ブログ内検索

Template by たけやん