FC2ブログ

国沢光宏の日々是修行

ジドウシャヒョウロンカの毎日

5月22日(鰻ギョウカイも厳しい)

昼まで原稿書き。終了後、中野へ。業界では有名な問屋さんの代表と、板前さんの協会の役員の方と、昼ご飯食べながら鰻ギョウカイについて。というのも鰻の稚魚が急に少なくなっており、このままだと危機的な状況らしい。

鰻はグアム島近海にある「スルガ海山」で孵化し、海流に乗って北上することは知られているのだけれど、台湾あたりで日本へ向かうグループと中国沿岸に向かうグループに分かれる。このウチ、中国沿岸へ向かうグループが河川の汚染により接岸しなくなりつつあるそうな。

となれば産卵のためグアム島近海に戻ってくる鰻も少なくなると言うこと。やがて食べられない価格になってしまうかもしれない。一方、板前さんのなり手の減少も深刻な問題。日本の食文化の危機です。

夜、ニュース見ていたら活動場所の折り合い付かず診療に取り掛かれなかった日本の医療チームが動き始めたとのこと。ボランティアで一番難しいのは「活動の場を確保すること」です。ニーズはたくさんある。けれど簡単にゃ取り掛かれないのだ。

日本の医療チームにとって想定外の場所かもしれない。私はスタートとしちゃ上々だと思います。頑張ってください。喜んで貰えるなら、数を増やしたらいい。1週間交代くらいなら、ボランティアで現地に行ってくれるお医者さんもいるんじゃなかろうか。

されど今や我が国は慢性的なお医者さん不足。完全なる厚労省の施策ミスである。どうしてオタンコ役人を増産する社会システムになってしまったのか?
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kunisawamitsuhiro.blog70.fc2.com/tb.php/59-227a7d48

 | HOME | 

文字サイズの変更

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

ブログ内検索

Template by たけやん