FC2ブログ

国沢光宏の日々是修行

ジドウシャヒョウロンカの毎日

6月17日(ひえ~っ! 楽し~っ!)

FCXクラリティの取材のためツインリンクもてぎ。詳細はCT誌次号でお届けするけれど、いやいや素晴らしい! 燃料電池じゃなくても魅力的なスタイルなのに、燃料電池だもの! 何より普通の市販車と全く同じ感覚で運転出来るのが凄い!
 
617.jpg

塗装品質も素晴らしい!

試乗終了後、ふと左後ろの窓ガラスみたら何と何と何と! 『ZEV』(排気ガスゼロの自動車、という意味)のステッカーであります! この法案のおかげで電気自動車や燃料電池車の開発が始まった。1980年代からアメリカを取材している私としちゃ感無量。

6172.jpg

このステッカー見た瞬間、ナミダ少し出てしまいました

当時は「そんなモン出来るかよ!」と言われてましたから。自動車メーカーもさんざん振り回されたことだろう。ついにここまで来たのね! 燃料電池ついちゃ超辛口の私なれど、開発してきた人達に、心から「おめでとうございます!」と言わせていただきたい(今までタップリ批評してきた経緯もあるため試乗会場じゃ直接言えませんでした)。

6173.jpg


取材終了後「ツインリンクもてぎに新しいアトラクションが出来たので試してみてください」という。何でも『森の空中回廊クラーネ』というらしい。どれどれ、と行ったら、ロープに滑車を掛け、木から木へモモンガのように移動するという修行だという。

6174.jpg

ハーネス着用。ヘルメットは貸してくれます

やってみたら、ここ10年で一番面白い遊び、いや修行でありました! 簡単じゃないのだ。ホンキにならないと出来ません。ガキの冒険の上級バージョンをイメージして貰えばよかろう。5本くらい「レンジャー!」するのだけれど、ラス2の谷渡りが迫力満点。適当にアブナイし(命綱付けるため決定的な危険性はない)。

6175.jpg

レンジャー! な気分。写真は女の子(20歳代中頃)です

1時間くらいのコースを終えたらキンタマ抜かれた感じ。マヂに眠っている運動神経まで起こさなくちゃならぬ。途中の釣り橋からしてマトモに渡れないのだ。こらぜひとも試して欲しい! 小坊だと手強いだろうが、中坊以上なら素晴らし体験になると思う。女性でもOKです。2500円は高くない。
スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kunisawamitsuhiro.blog70.fc2.com/tb.php/85-531a4800

 | HOME | 

文字サイズの変更

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

ブログ内検索

Template by たけやん